猫ファミリーと桐芸はんどめいど
『 会 津 桐 』 という名を持つ高級桐材!! 木目・優しさ・温かみに魅せられて・・・・・
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/07/29(水) 12:34:13

‘ 薄明の妖精 ’金山町

金山町の只見川に架かる上井草橋を見守る精霊!!

この上井草橋の作り替え工事には橋の取り壊しのときに橋げたが下を通る
JR只見線に下がり電車が通れなくなる事故が発生して
当時の新聞でも取り上げられておりました。
そのころにちょうど私も橋をクレーンが吊り上げていた状況を
見かけたことがありました。
こんなに立派な橋が出来たとは・・・

   画像拡大
金山町の只見川に架かる‘上井草橋’です。

   画像拡大
橋のたもとには精霊‘妖精3人’のブロンズ像が見守っています。

   
                       画像拡大


妖精像の下には以下の内容が刻まれていましたので紹介します。

 只見川の四大現象「木風水石」を表現する「薄明の妖精」は
上井草橋を見守る精霊です。
 木々は緑濃く、川を渡る微風は、冬に吹雪をもたらし
只見川の水は清く、時には荒れ狂う洪水を起こし
川岸の石は雨にも風にも動じない自然の美しさと恵み
恐ろしさと力を表しています。

               ブロンズ像作者  戸田和子 
平成二十年五月


スポンサーサイト
 
桐芸ドットコム
 
最新記事
 
STARLIGHT
 
検索フォーム
 
メールフォーム
 
リンク
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
最新トラックバック
 
Powered By FC2ブログ
 
ファミリーショップ
 
クッキングスケール
 
フラッシュメモリー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。