猫ファミリーと桐芸はんどめいど
『 会 津 桐 』 という名を持つ高級桐材!! 木目・優しさ・温かみに魅せられて・・・・・
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
只見川沿いの国道252号線金山町には
交通安全祈願の観音様が見守っています。

いつ頃だったか?わたしはよく只見町の只見川本流にミノーイングに出かけていました。

ある日の釣りの帰り道に辺りに何も無いこんな場所に2人の男性が立って話をしていたことがあり、

こんな所で何をしているんだろう?と思った記憶があります。

それから、間も無くしてこの観音様が出来ておりました。




この場所にはもともとは何も無くガードレールと左の電柱のみしかありませんでしたが、

観音様が建ったのはこのガードレールと電柱の間をすり抜け只見川に車が落ちて

運転していた人が亡くなった事故でした。

その当時は手前の赤いラインのあるのと一番手前のガードレールは無くてもともと道路沿いにある

ガードレールと電柱の間隔は車が通れたの・・・!?と思うほど狭い隙間なのです。




私も只見町方面に釣りに出かけた時必ずここを通ります。

ここは少し右カーブになっているのですが私も錯覚でカーブの途中から右に道路が続いているのに

まっすぐのちょうどこの隙間に道路が続いているように見えて危ない経験を何度かした

記憶があります。

もともと危ない場所だったのかとおもいます。




今回始めて観音様の後ろに回り見たら文字が彫られてありましたのでご紹介いたします。

今日、あなたのことを見ているのは、だれかな?
「よしみ先生?」
そうだね、よしみ先生が空からみんなのこと
を見たくて、雲を全部とっぱらったんだと思うよ。
          
          平成九年度只見小通信より


このような内容が小学生本人の筆跡で彫られてありました。

‘よしみ先生’は只見小学校の先生だったんでしょうね・・・

ご冥福をお祈りいたします。

生徒さんたちを空から見守ってあげてください・・・

 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
桐芸ドットコム
 
最新記事
 
STARLIGHT
 
検索フォーム
 
メールフォーム
 
リンク
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
最新トラックバック
 
Powered By FC2ブログ
 
ファミリーショップ
 
クッキングスケール
 
フラッシュメモリー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。