猫ファミリーと桐芸はんどめいど
『 会 津 桐 』 という名を持つ高級桐材!! 木目・優しさ・温かみに魅せられて・・・・・
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/06/22(月) 18:52:12

川鵜の被害者 ヤマメ!?

桐ルアーで釣りあげたヤマメに傷が痛々しい!!

[ルアーフィッシング] ブログ村キーワード



このヤマメは会津桐ハンドメイドルアーの桐々舞50ミリを使い

只見川の本流で釣りあげました・・・が後ヒレの傷が見えますか?




先日はイワナの尾びれが上半分ちかく無いのを釣りあげました。

今まで天然の川で渓魚を釣りあげてこのような魚を見た記憶はなく、

よく空には川鵜が飛び交う姿を目にするようになってからのような気がします。

そこで私の結論としては、水中で川鵜に襲われた傷ではないかと思っています。




自分自身も渓流釣りを35年数々の渓魚を傷つけ・殺して殺生をしてきました

今回のヤマメも手早くカメラに収めリリースをしましたが川鵜は生きるため

私たちは楽しむためでは・・・・・川鵜を悪者にしてよいのか考えさせられます。

しかし、我々の釣り券や年券の収入も含め漁業組合の放流によって釣りを

楽しむことが出来るのだから川鵜の繁殖で魚を食べられてしまうのもどうか?

いずれにしてもバランスがあると思うところです。

 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
桐芸ドットコム
 
最新記事
 
STARLIGHT
 
検索フォーム
 
メールフォーム
 
リンク
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
最新トラックバック
 
Powered By FC2ブログ
 
ファミリーショップ
 
クッキングスケール
 
フラッシュメモリー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。