猫ファミリーと桐芸はんどめいど
『 会 津 桐 』 という名を持つ高級桐材!! 木目・優しさ・温かみに魅せられて・・・・・
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
渓流ではこんなカゲロウの一生が・・・・・

渓流釣りでテンカラ釣り(別名:かげろう釣り)をご存知でしょうか?

和式毛ばり釣りでイワナやヤマメを狙い釣る方法です。

若い頃には自作の毛ばりで尺上イワナもたくさん釣らせてもらいました。

私の場合渓流エサ釣りではあまり良い思い出はありません(エサ釣りへた人間です)

テンカラ釣りから大きな渓魚に魅力を感じルアーフィッシングもスタートしました。



ところでカゲロウはイワナやヤマメや他の魚にも捕食されるのはよく知ってましたが・・・

虫なのでいろいろな生き物に食べられているんでしょうネ!!

今回はトンボがカゲロウを銜えているトンボを発見したので撮影をしてみました。



その時は何匹ものカゲロウが上下に飛び交い水面をたたいて

力はてたのは水面に落ちて流れていきます。

そのカゲロウを水中ではイワナ・ヤマメが待っていて時折りライズの波紋がたっておりました。

私がカゲロウの飛び方が弱っているようなカゲロウを見ていたら

以前ブログ内で紹介した釣り人の捨てたテグスに絡まり苦しんでいたセキレイ似の?小鳥が

かずいるカゲロウの中からそのカゲロウを間違いなく狙って飛んできて

一瞬のうちに銜えて飛び去っていきました。

魚も集団でいる小魚からはぐれたり・弱ってるのを狙ったり、同じようですね。

ルアーフィッシングも同じような表現で誘ったりもしますから・・・



今回も貴重な光景を見れて          ・・・・・自然に感謝!!

 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
こんばんは
ぽぴたんさんいつもありがとうございます。
腕についで足の方も大変ですね!
立ち仕事なのに辛いでしょう・・・。
お大事になさってください。
今回のトンボは偶然のことで私も初めての光景に驚きました。
トンボの大きさから見てどのくらいの量を食べるんでしょうか?
2009/06/25(木) 21:22:30 | URL | 猫ファミリー管理人 #79D/WHSg[ 編集]
こんにちわ~!
よく撮れてます!
こんな所にも、弱肉強食の世界がありますね

しかし、鳥さん弱ってるのを良く見つけてる、
千里眼ですね~

ばんだいさんは、シャッターチャンスが
ばっちりです
2009/06/25(木) 17:44:19 | URL | ぽぴたん #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
桐芸ドットコム
 
最新記事
 
STARLIGHT
 
検索フォーム
 
メールフォーム
 
リンク
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
最新トラックバック
 
Powered By FC2ブログ
 
ファミリーショップ
 
クッキングスケール
 
フラッシュメモリー
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。